もう騙されない!悪徳リフォーム業者撃退法

>

悪徳工事業者からの被害が増加

この記事をシェアする

アポなしで突然訪れる

悪徳リフォームの相談で、どのような経緯で契約をしてしまったのか、という点では訪問販売が圧倒時に多いです。
手口としては、無料で床下や屋根、外壁などの点検を無料で行うから、といって突然訪問し、ありもしない不具合を指摘した上で、不安を煽り、修理や商品、サービスなどを契約させる、という方法です。
悪徳業者は、契約後に、ターゲットが他の身内や知人と相談して、キャンセルをしてくることを回避するため、でたらめな住所や電話番号の記載された名刺などを渡してくることもあり得ます。
訪問販売を主な営業スタイルにしているのも、あとからクレームが起きたとしても逃げやすいように、所在が分かりずらくしているのです。
良識のある業者であれば、事前に申し込みをもらってから訪問するはずなので、アポなし点検業者は要注意です。

具体的な手口は?

持ち家であれば、修繕は持ち主の役目。
傷が小さいうちに修繕してしまいたいと思うものでしょう。
そんな心のスキを悪徳業者は見逃しません。
点検を持ちかけるのは、床下の点検や外壁、屋根など、風雨にさらされて、痛みやすい部分や、排水や給湯器など、生活に欠かせない部位が多いです。
床下の点検を無料で行っています、と言葉巧みに家に上がり込み、実際は存在しないシロアリの被害を装う場合もあります。
あらかじめ用意したシロアリの被害を受けた木材を見せたり、ひどい場合はシロアリの卵を撒いていく業者もあるそうです。
屋根や外壁は、外からでも見える部分のため、たまたま通りかかって気になったから、と、良心的な業者を装い、放っておくと雨漏り等の原因になり、屋根が腐って落ちる、とか、すぐに塗装しないと大変なことになる、などと不安をあおったりする事もあります。
点検すると上がりこんで、わざと壊して工事を迫る業者もあるんです。


トップへ