もう騙されない!悪徳リフォーム業者撃退法

>

あり得ないほど過激な演出

この記事をシェアする

魅力的な低価格で釣り上げる

悪徳業者の手口として、契約時に提示された金額と、施工後に請求される金額が全く違う!という物も多くあります。
例えば、広告に載せるためのモニターとして参加してもらえれば、写真提供などの見返りとして通常の価格よりも価格を下げる、あるいは、通常にはないサービスをおまけでつける、といった「モニター商法」です。
冷静に考えれば、施工費用とは、人件費や材料費を積み上げて計算されているのですから、安くしたら、その分材料のグレードが下がったり、手抜き工事をされてしまう可能性が上がる可能性があるということです。
広告費用分をおまけします、と言われても、実際の工事が価格に見合っているかどうかは、一般の方には分かりづらいのですから、使ってみて初めてわかる粗悪工事になってしまうことも予測されます。

問題ないなら問題を作る

点検する、といってお宅に上がり込んだ悪徳業者は、もちろん、リフォームの工事契約を締結するのが目的です。
該当箇所を確認して、問題なければそれで終了ということはありえませんよね。
本来まだ工事の必要がない程度の傷や不具合であっても、「このままだと家が壊れる」など、大げさな表現で営業をかけてきます。
本当に不具合があるならまだ救われる気もしますが、中には、霧吹きで湿らせ、雨漏りが起きているように見せたり、シロアリの被害にあっている木材を隠し持っていて、ターゲットに見せたり。
ひどい場合は、給湯器の配線を切って漏電させたり、水道管を傷つけて漏水を装うなど、業者自らが傷をつけて、修繕工事を提案したりすることもあるそうです。
不安になるもしれませんが、その時の流れで契約をするのは避け、信頼できる業者や家族に相談をするようにしましょう。


トップへ